母の日のプレゼントには花やスイーツを思い浮かべていた私にとっては、かなりの変わり種のように見えるのが、「職人醤油 母の日おすすめセット」です。小田急オンラインショッピングにある「母の日」特集ページで、花や生活雑貨、食べものへのリンクが並んだ最後に、10本ほどの小瓶が並んだバナーがありました。バナーのコピーにはこうあります。「お母さんに“本当に美味しいお醤油”を」。

小田急オンラインショッピング

職人醤油」とは、日本各地から「職人仕込みのこだわり醤油」を集め、それを100mlの共通サイズで紹介しているところなのだそうです。ネット上にサイトもあります。代表の高橋万太郎さんが全国各地、300以上の醤油メーカーを訪問するなどして、職人仕立ての醤油の普及に力を入れているのだそうです。

「職人醤油」のサイトによれば、なんでも日本中に醤油メーカーは1500社くらいあるそうです。また、醤油の種類も濃口、淡口だけでなく、溜(たまり)醤油、甘口醤油、再仕込み醤油など、いろいろあるのだそうです。そして、食べものと醤油の相性や、食べる人の好みで、おいしい醤油というのも違ってくるとのことです。

小田急オンラインショッピングでは、母の日のセットとして、以下の4種類がラインナップされています。こちらの商品は、母の日ギフト限定のラッピングで届けられます。

  • 母の日厳選セット5本組
    • 特に素材や製法が一風変わった醤油を、「職人醤油」代表の高橋万太郎さんがセレクト
  • 母の日特別セット5本組
    • オーソドックスな料理にそれぞれピッタリな醤油の5本セット
  • 母の日特別セット3本組
    • いろいろな料理に使い分けていただける3本セット
  • 母の日特別セット2本組
    • あっさり系としっかり系の2本セット

「職人醤油」で扱う醤油は、すべての銘柄が100mlの統一サイズの瓶に入っています。これには、さまざまな醤油と出会ってほしいという意味があるそうです。もし、気に入った醤油があれば、次は大きなサイズを醸造元から直接買っていただくことを、「職人醤油」では推奨しているのだそうです。

そういえば少し前に、卵かけご飯にあう醤油は何か、というのが話題になっていた記憶があります。この醤油のセットがあれば、それこそいろいろな醤油を試すことができそうです。また、刺身やお寿司、鍋などで、醤油の味くらべをしてもおもしろそうです。醤油は単に食べものにかけるだけといった使い方もできますので、料理の上手・下手もそれほど関係ないのでは、と思います。

母の日のプレゼントとしては風変わりなような、しかし本格的な雰囲気もある「職人醤油 母の日おすすめセット」。料理好きなお母さんにはもちろん、花やスイーツには飽きているかもというお母さんにも、刺激的なプレゼントになるのではないでしょうか。

小田急の母の日<職人醤油>


当サイトの特集【母の日2013】。母の日のプレゼントに関する記事や、取り上げましたショップサイトへのリンクをまとめています。