じゃらんnetの「2014年国内旅行ゴールデンウィーク特集」

宿・ホテル予約サイト「じゃらんnet」の、「2014年国内旅行ゴールデンウィーク特集」では、ゴールデンウィークの空室状況を毎日更新しています。トップページにある「カレンダーから探す!」のコーナーから、「ゴールデンウィークに泊まれる宿」として、「首都圏」「北陸」といったエリア別に、宿泊可能な宿数が一覧できます

カレンダーから探す! – 2014年国内旅行ゴールデンウィーク特集

一覧表示される期間は、4月25日(金)から5月6日(火・振休)までの12日間。都道府県ごとに、さらに細かいエリアまで分けて表示されますので、お目当ての場所のホテルも探しやすいのでは、と思います

5月3日・4日は、さすがに満室間近なホテルが多い

「ゴールデンウィークに泊まれる宿」は1日1回の更新のようで、リアルタイムではありませんが、だいたいの傾向がつかめると思います。

4月17日(木)未明の01:33時点での様子を見ますと、さすがにゴールデンウィーク後半の4連休に当たる5月3日(土・祝)、4日(日・祝)の宿泊は、なかなか難しいエリアが多くなっています。それでも、まだ余裕があるところもあります。宿泊予定の場所をちょっと変更したりして、宿を確保するのも一つの方法かもしれません。

ゴールデンウィークの前半の方が予約しやすそう

一方、ゴールデンウィークの前半、4月26日(土)から4月29日(火・祝)は、比較的予約が取りやすいようです。休みの日の間に、平日である28日(月)が挟まっているので、長い休みが取れないからでしょうか。

しかし、なんとか28日(月)を休みにできれば、27日(日)を含めて、まだまだ宿泊の予約が取れそうです。あと2週間もありませんが、仕事などを調整できるようでしたら、狙い目かもしれません。

ただし、それでも人気の高いエリア、例えば京都府なら宇治などを含む「京都南部」、「大原・鞍馬・貴船」といったところは、満室まであとわずかとなっています。チェックは少しでも早めになさった方がいいでしょう。

空いているエリアから旅行先を探してみては

細かいエリアの状況もわかるので、目的地を決めてから宿を探すのではなく、逆に予約の取れそうなエリアを目的地にするのもいいかもしれません。先ほども書いたように、人気の高いエリアは混み合っています。そこを避けて、空いているエリアから探してみるのです。もしかすると、思いがけない出会いが楽しめる旅行になるかもしれません。

ゴールデンウィークの計画は、今からでも遅くない!

特集のトップページでは「カレンダーから探す!」の他にも、旅行先での過ごし方や一緒に行く人から宿を探せる「目的から探す!」、じゃらんnetでの口コミ上位に入っているホテルや宿をチェックできる「口コミから探す!」といったコーナーもあります。

2014年国内旅行ゴールデンウィーク特集 – じゃらんnet

今からでも遅くはありません。ゴールデンウィークに休める期間がなかなか確定しなかった方も、仕事が忙しくてホテルや旅館を予約する時間がなかった方も、じゃらんnetの「2014年国内旅行ゴールデンウィーク特集」で、ゴールデンウィークの計画を立ててみてはいかがでしょうか