ちょっと不安はあったものの、全然問題なし

関西空港にて、ピーチの飛行機に乗り込むところ

関西空港にて、成田空港行きとなるピーチの飛行機に乗り込むところです。

もう2か月前になりますが、始めてLCC(格安航空会社)を利用して東京に行きました。正直、どんなもんかなという気持ちもありましたが、全然問題なかったです料金も往復で1万円程度で済みました。ここ数年、東京に行く際は、ほとんど深夜バスを使っていましたが、これなら次回もLCCを利用してもいいのでは、と感じました。もちろん、LCCならではの短所もありますが、飛行機が利用できることの長所はやっぱり大きいなあ、と思いました

そこで、今回から3回の予定で、その時の様子とLCCについての感想を書いていきます。ちょっと長くなりますが、参考になれば幸いです。

関空から成田への往復で、ピーチを利用

今回は、関西国際空港から成田空港までの往復で、ピーチを利用しました。出発の1か月前に、公式サイトから予約を取りました。行きは金曜日に関西空港を朝7時10分に出発する便、帰りは日曜日に成田空港を昼2時15分に出発する便です。(なお、昼2時15分出発の便は、定期便ではないようです。)

料金は、行きが約4,400円、帰りが約5,500円、そして手数料が約660円でした。夜になるほど高い値段設定でしたので、帰りは少し早い時間の便を選びました。往復合計で、1万円と少しという金額になりました。

なお、私は大阪府の南部に住んでいますので、私にとっては関西空港の方が伊丹空港より便利になります。

朝7時過ぎの便でも電車で十分間に合う

JR・南海の関西空港駅から、エアロプラザへ向かうところ

ピーチに乗る場合は、関西空港駅の改札を出たら、右に曲がってエアロプラザの方向へ向かいます。

それでも、朝7時過ぎの便で間に合うのかと思っていましたが、南海本線の難波駅を5時15分に出発する「空港急行 関西空港行」に乗れば、余裕を持って間に合いました。この電車だと、6時ごろには関西空港駅に到着します。なお、5時15分は平日ダイヤの場合で、土・休日ダイヤでは5時10分発となります。

駅の改札を出ましたら、左の第1ターミナルビルではなく、右のエアロプラザの方に向かいます。そして、エアロプラザ内、あるいは外の通路沿いに左に曲がって少し歩くと、第2ターミナルビルへ行く無料の連絡バス乗り場へ着きます。駅の改札から乗り場までは、5分もかからないでしょう。

無料の連絡バスに乗って10分弱で第2ターミナルビルへ

エアロプラザ1階の南側にある、第2ターミナルへの無料連絡バス乗り場

エアロプラザ1階の南側にある、第2ターミナルへの無料連絡バス乗り場。短い間隔でバスは出ています。

第2ターミナルビルへの無料連絡バスは朝の5~6時の時間帯では、2~5分間隔で発車しているそうです。私の場合も、乗り場に到着後1分ほどでバスが出発、そして10分弱で第2ターミナルビルに到着しました

チェックインはバーコードをかざすだけ

ピーチの自動チェックイン機のあたり

ピーチの自動チェックイン機のあたり。スタッフもおられるので、質問などができるはずです。

ピーチの自動チェックイン機は、第2ターミナルビルの国内線向け入口からすぐの場所にあります。その近くには、保安検査場や搭乗待合室も、まとまってありますので、第2ターミナルビルに着いてしまえば、移動時間の心配はしなくていいでしょう

自動チェックイン機は自分で操作しますが、バーコードをかざすだけで、ほぼ終わりました(予約番号の入力でもOK)。私は予約の際に贈られてきたバーコード入りのメールを印刷して、それを持っていって使いました。端末のまわりにはスタッフの方もおられるので、わからなかったら質問できると思います。

電車から降りて20~30分で搭乗待合室へ

関西空港第2ターミナルの搭乗ゲート。

関西空港第2ターミナルの搭乗ゲート。けっこうシンプルです。

チェックインを済ませ、セキュリティチェックも問題なく終了し、搭乗待合室に入ったのが6時20分過ぎでした。電車から降りて20~30分程度で、あとは乗るだけという段階まで済みました。思っていたよりスムーズに行ったので、正直拍子抜けしたぐらいでした。

この後、7時前から飛行機への案内が始まりました。ターミナルから飛行機へは歩いて向かい、タラップを登って飛行機に乗り込みました。離陸は定刻通り、7時10分ごろでした。

座席はゆったりしていないが特に問題なし

ピーチの飛行機における座席の前後間の間隔

前後の座席の間を、横から撮影してみました。狭すぎることはありません。実はこの写真は帰りの便のものですが、行きの便も同型でした。

飛行機は往復とも180人乗りの「エアバスA320-200」でした。座席は、以前ジャンボジェットに乗った際の記憶からすると、前後の間がちょっと手狭のように思いました。座席そのものは4列シートのバスの座席より少し良いかな、といった感じでしょうか。座席の幅はもう少しありましたが、おせじにも「ゆったり」とは言えません。しかし、1~2時間乗る程度なら、こちらで特に問題ないでしょう

私は大きめのリュックサック1つに荷物をまとめて機内へ持ち込み、前の座席の下に入れました。持ち込みの規定内の大きさでしたので、さすがにきちんと収まりました。

以下、次回に続きます。