以前の商品からさらにパワーアップ

ベルメゾンネットで販売している「もっとあったかくなった着る毛布」。試着したところ、本当に温かくなり、まさに商品名そのまんまという服(?)でした。布の感触もふわふわしていて、着心地も良かったです。暖房を付けていない、あるいは切った部屋でも、この毛布だけでまったりとすごせそうです。

「もっとあったかくなった着る毛布」を試着したところ

「もっとあったかくなった着る毛布」を試着しました。けっこうゆったりと着ることができます。(※クリックで拡大します)

また、裾をボタンで留められたり、衿を立てられるようにしたりと、お客様の声を元に以前の商品からパワーアップしています

もっとあったかくなった着る毛布

脱いだら一瞬寒気がするくらい?暖かい

先日、ベルメゾンネットで販売されている商品を実際に見ることができる機会がありました。今回紹介します「もっとあったかくなった着る毛布」も、その際に試着させてもらいました。

Tシャツと半袖シャツを着た状態で袖を通しましたが、確かに温かく、体がポカポカする感じがありました。しばらく試着した後に「着る毛布」を脱ぐと、一瞬寒気がするくらいでした。こう書くとちょっと大げさな感じがしますが、本当に脱いだ直後はブルッとしました。もちろんすぐに元の感覚に戻りましたが、自分でも少し驚きました。

頭以外のほぼ全身を覆うだけあって、身体全体を外気からシャットアウトし、逆に身体の熱は外に逃がさない、という感じがしました。

暖かさと着心地のよさで、ぬくぬくとすごせそう

「着る毛布」の素材は、寝具にも使われるマイクロファイバーということあり、感触もふわふわ、サラサラしていて、肌に直接触れる部分も気持ちよかったです

暖かさと着心地のよさが両立している「着る毛布」は、気楽に過ごす時にピッタリなのではと思います。ソファでくつろぎながらテレビを見たり、読書やゲームに熱中したりする時に着ていると、ぬくぬくとすごせそうです。

一方、服としてはかなりゆったりしているので、こちらを着ながら家事などの作業をするのには、ちょっと向いていないのではという気がしました

「もっとあったかくなった着る毛布」の袖口

袖口もゆったりめ。逆の手を入れて温めたりもできます。しかし、家事などの作業をする時には邪魔になりそう。

裾を留めるスナップボタンで、着たままでも動きやすく

「もっとあったかくなった着る毛布」は、商品名に「もっと」がついているだけあって、お客様の声を元に、以前の商品からさらにパワーアップしています

「もっとあったかくなった着る毛布」にあるスナップボタン

左右と後ろにあるスナップボタンで、裾を上げたままにしておくことができます。

その一つが裾を留めるスナップボタンです。左右と後ろの3箇所に付いているボタンを留めれば、「着る毛布」を着たままでも動きやすくなります。私もスナップボタンで留めた状態で試着していましたが、裾を引きずることなく歩くことができました。

そして、首回りも暖かくなるように、衿の部分が大きくなって立てることができ、さらに衿まで伸びたファスナーで閉められるようになっています。また、ファスナーは上下どちらからでも開け閉めできる、ダブルファスナー仕様となりました。

子ども用サイズもあり。カラーは4色から選べます

サイズは、大人用が2つ、こども用が1つあります。大人用は着丈約150センチのSと、着丈約170センチのM、子ども用は着丈約120センチとなっています。

カラーは、今回私が試着しましたピンクの他に、ベージュ、ブラウン、グリーンの、合計4色から選べます

価格は、大人用はどちらのサイズも4,849円(税込)、子ども用は3,769円(税込)です。

「毛布にくるまって生活」できる?!

「着る毛布」はエアコンがない、あるいはエアコンを切った部屋でもある程度暖かくすごせそうなので、電気代の節約にもなるのではと思います。夜、眠れずにちょっと布団から抜け出す時も、この「着る毛布」で身体を冷やさずにすごすこともできそうです。

また、かいまき(袖のついた着物状の寝具)としても使えますので、寝相の悪いお子さんが眠る際に、こちらを着てもらうのもいいのではないでしょうか

寒い冬でもゆったりと暖かくすごせる「もっとあったかくなった着る毛布」。冬の朝などに「布団や毛布にくるまって生活できないかなあ」と思ったことがある方なら、こちらの「着る毛布」はいかがでしょうか。


もっとあったかくなった着る毛布

ベルメゾンネット