10月11日の発売日に購入しました

「Newニンテンドー3DS LL」を開いたところ

ニンテンドー3DSの新モデル「Newニンテンドー3DS LL」です。

10月11日(土)に発売されたばかりの、任天堂の携帯型ゲーム機「Newニンテンドー3DS LL」を1週間ほど遊んでみた時点での、自分なりの感想を書いてみました。今回はその第1回、「大きさ比較・外観編」です。以降、「機能・操作編」「引っ越し編」と続く予定です。

私は通販サイトで事前に予約購入していましたので、10月11日(土)の発売日当日に手に入れることができました。「Newニンテンドー3DS LL」のブラックに加えて、専用充電台と液晶保護シートも購入しました。

マイナーチェンジながら新機能や性能アップのある新モデル

「ニンテンドー3DS」の新たなバリエーションとして、先週の土曜日、10月11日に発売された「Newニンテンドー3DS」と画面の大きい「Newニンテンドー3DS LL」。基本的には、「ニンテンドー3DS」のマイナーチェンジモデルですが、「3Dブレ防止機能」などの新機能の追加や性能のアップがなされています

従来モデルの「ニンテンドー3DS」と大きさを比較

まずは、私がそれまでメインで使っていた従来のモデルの「ニンテンドー3DS」と、大きさを比較してみました。こちらの従来モデルも、発売日当日(2011年2月)に購入したものです。

左が新発売されたばかりの「Newニンテンドー3DS LL」(以下、「New3DS LL」)、右が「ニンテンドー3DS」(以下、旧3DS)です。

「Newニンテンドー3DS LL」と「ニンテンドー3DS」

左が新モデルの「Newニンテンドー3DS LL」(色はブラック)、右が従来のモデルの「ニンテンドー3DS」(色はコスモブラック)です。

LLサイズと通常サイズなので、大きさにはかなり差があります。重ねてみると、その差がハッキリわかります。

「Newニンテンドー3DS LL」に「ニンテンドー3DS」を重ねる

「Newニンテンドー3DS LL」に「ニンテンドー3DS」を重ねてみました。左奥の角で合わせています。

厚みは両方ともほぼ同じです

「Newニンテンドー3DS LL」と「ニンテンドー3DS」の厚みを比較

厚みはほとんど違いがありません。左が新モデルの「Newニンテンドー3DS LL」、右が従来のモデルの「ニンテンドー3DS」です。

任天堂の公式サイトにあるスペック表によれば、サイズと重さの数値は以下のようになっています。サイズは折りたたみ時のもの、重さはバッテリーパック・タッチペン・SDカードを含んでいます。

LLサイズ通常サイズ
新モデルNewニンテンドー3DS LLNewニンテンドー3DS
縦93.5×横160×厚さ21.5mm
約329g
縦80.6×横142×厚さ21.6mm
約253g
従来モデルニンテンドー3DS LLニンテンドー3DS
縦93×横156×厚さ22mm
約336g
縦74×横134×厚さ21mm
約235g

画面もやはり大きい

画面の大きさは、旧3DSを「1」とした場合、Newニンテンドー3DSが「約1.2」、従来モデルのニンテンドー3DS LLとNew3DS LLが「約1.9」となります。従来モデルの3DS LLとNew3DS LLは、画面の大きさは同じです。

ただし、画面の解像度(ドットの数)は、新モデルでもLLサイズでも変わりません。そのため、LLの画面が大きいといっても映像がきめ細やかになるのではなく、「拡大される」という方が適切でしょう。ただ、やはり見やすくはなります。

付属のタッチペンは短めに

最後の比較は、付属のタッチペンです。

「Newニンテンドー3DS LL」と「ニンテンドー3DS」に付属するタッチペン

付属するタッチペンも、並べてみました。左が新モデルの「Newニンテンドー3DS LL」、右が従来のモデルの「ニンテンドー3DS」のものです。

New3DS LLに付属のタッチペンは、引き伸ばさないタイプになりました。旧3DSのものと比べると短く、そしてやや太くなりました。また、材質もプラスチックっぽいものになり、重さも少し軽く感じました。

個人的には、旧3DSのタッチペンは細いように思っていたので、New3DS LLのタッチペンの方が使いやすく感じます。でも、長さはもうちょっとあればと思うのですが。

高級感がある一方、汗の跡などが目立ちそうな表面

ここからは、New3DS LLの外観についてです。以下の写真は、閉じた状態での表と裏です。

「Newニンテンドー3DS LL」の、閉じた状態での表側

「Newニンテンドー3DS LL」の、閉じた状態での表側です。カラーは「ブラック」です。

「Newニンテンドー3DS LL」の、閉じた状態での裏側

「Newニンテンドー3DS LL」の、閉じた状態での裏側です。カラーは「ブラック」です。

表も裏もテカテカしています。高級感がありますが、指紋や手汗の跡なども目立ちやすい材質です。実は上の写真でも、そうした汗の跡などがちょっと取りきれていません。また、大きい割に模様などがないので、ちょっとのっぺりした印象もあります。

従来モデルからの変更が多い側面の部分

New3DS LLを閉じた時の、手前と奥の側面は以下の写真のようになっています。上が蝶番のある奥の方、下が手前の方となります。

「Newニンテンドー3DS LL」の側面。奥の方と手前の方です。

「Newニンテンドー3DS LL」の側面です。上が蝶番のある奥の方の側面、下が手前の方の側面になります。

旧3DSと比べて、New3DS LLではいろいろ変わりました。

奥の方の側面には、新しく追加された「ZLボタン」「ZRボタン」があります。

また、ストラップを通す穴が、奥の方の側面についています。旧3DSでは手前の方の側面に付いていました。私は旧3DSで、手首に通せる長さのストラップを使っていましたので、それをそのままNew3DS LLに持ってきますと、ちょっと短く感じます。

スロットも電源ボタンもペンホルダーも手前の側面に移動

一方、手前の方の側面には、ゲームカードスロットと電源ボタン、タッチペンホルダーが移動してきました

ゲームカードスロットにゲームカードを入れた際は、ゲームカードが本体の端よりも少し奥で留まるようになっています。誤ってゲームカードを外してしまわないように、ということでしょう。

また、電源ボタンは小さくなり、さらに少し強めに押すようになりました。ニンテンドー3DSは、常に電源を入れておく使い方が基本ですので、誤って電源を落としにくくしているのだと思います。

電源ランプ、充電ランプ、無線ランプといった各種ランプは、側面からはもちろん、本体を開いてゲームを遊んでいる時にも見やすい位置になっています

次回は「機能・操作編」

第1回「大きさ比較・外観編」はここまでです。次回は、その2「機能・操作編」です。3Dブレ防止機能などについて触れる予定です。