結局6年連続で「ほぼ日手帳」

2016年版の「ほぼ日手帳」を買いました。毎年年末になると「来年の手帳はどうしようか」と悩むのですが、結局は「ほぼ日手帳」にしました。これで6年連続です。

2016年版「ほぼ日手帳」(オリジナル)の「フランボワーズショコラ」と「カバー・オン・カバー」

2016年版「ほぼ日手帳」(オリジナル)の「フランボワーズショコラ」と、透明カバーの「カバー・オン・カバー」

手帳を見に難波の「Loft」に入ったら、12月17日(木)までのキャンペーンで、スマホアプリから10%OFFのクーポンが使えるという掲示がありました。そこで、それを利用して少しお得に購入できました。

カバーは赤と茶色の「フランボワーズショコラ」に

今回購入したのは、手帳のタイプが文庫本サイズの「オリジナル」で、カバーは「フランボワーズショコラ」を選びました。このカバーは外側が赤、内側やバタフライストッパーが茶色になっていて、その配色が気に入りました。

2016年版「ほぼ日手帳」(オリジナル)

2016年版「ほぼ日手帳」の見開きです。カバー「フランボワーズショコラ」の内側は茶色になっています。

2014年2015年は柄入りのカバーにしましたが、2016年のラインナップでは柄入りのものにピンと来なかったというのも、今回のカバーを選んだ理由の1つです。まあ、柄入りは値段が上がるというのもあるのですが。

前年12月分のページが無くなり、各月の扉ページが追加

2016年版での変更点は「ほぼ日手帳」の公式サイトでまとめられています。1番大きな変更点は、前年12月分(2016年版なら2015年12月分)のページが無くなり、その代わりに各月の最初にその月の扉ページが追加された点でしょう。そのため、12月中に買って、すぐに新しい手帳に移行することが少し難しくなっています。

その他にも細かく変わっていますが、パッと見だと2015年のものと変わらない印象です。今まで使っていた方なら、同じ感覚のまま利用できるのでは、と思います。

12月17日(木)までならロフトアプリで10%OFFに

私は仕事帰りに、「ほぼ日手帳」を含めた手帳をチェックしに難波の「Loft」に入ったのですが、そこで「AppWeeks★10%OFF」のキャンペーンを知り、それを利用して購入しました。

「AppWeeks★10%OFF」は12月17日(木)まで開催しています。ロフトアプリの会員限定で、店舗で使える10%OFFクーポンを配信しているというものです。1回の購入金額が1,080円(税込)以上の際に、レジにてクーポン画面を提示することで支払金額が10%OFFになります。

ロフトアプリの「お知らせ」の画面に表示されるクーポンの通知(赤枠部分)

ロフトアプリの「お知らせ」の画面にクーポンの通知が表示されます(赤枠部分)。

私は、店内の掲示で初めてキャンペーンを知って、そのまま店内でアプリをダウンロードして会員登録も済ませ、そうして表示されたクーポンで購入しました。クーポンは、お気に入り登録店舗からのお知らせとして、アプリ内の「お知らせ」の画面に表示されます。そのため、会員登録の際に、お気に入り店舗の登録も必要になります。

私の場合、ほぼ日手帳(3,780円)とその透明カバー「カバー・オン・カバー」(162円)が、10%OFFの合計3,548円で買うことができました(価格はいずれも税込)。

見開き1週間タイプとも迷いましたが

今回の手帳選びでは、見開きで1週間タイプの手帳にするかどうかでも迷いました。これまでの手帳の使い方だと、そうした1週間タイプのものでも記入する分量は間に合いそうなのです。しかし、「ほぼ日手帳」に特に不満が無かったこと、そして、これに変えたいと思える手帳に出会わなかったこともあり、現状維持となりました。

ただ、手帳が何であれ、その手帳を使って自分がどう動くかが大事なはずです。2016年こそはこの手帳を使いこなしつつ、充実した生活を送りたいと思います……と、毎年似たようなことを言っているような……。