老舗のメーカーによる、味のあるスチール製

「フェリシモ」で販売中の「老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱」

「フェリシモ」で販売されています「老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱」です。こちらのカラーは「青空ブルー」です。

置いてあるだけで使い古した雰囲気のある、スチール製の工具箱。老舗のメーカーによります別注品です。裁縫道具や小物などを入れておける「道具箱」として、ピッタリなサイズとなっています。カラーは、渋い「珈琲ブラウン」や、女性にも似合う「レトロピンク」など、4種類が用意されています。

こちらは、通信販売「フェリシモ」にて、雑貨ブランド「kraso(クラソ)」の一品として販売中です。

フェリシモ 老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱〈珈琲ブラウン〉
フェリシモ 老舗工場で作られる 上品スチール工具箱〈レトロピンク〉
フェリシモ 老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱〈青空ブルー〉
フェリシモ 老舗工場で作られる上品スチール工具箱〈ラベンダーパープル〉
※商品名が少し異なりますが、同じ商品の色違いです。

1年半前に登場以来、人気の品物

先月中旬、神戸にありますフェリシモの本社にて、現在販売されています品物に直接触れることができる機会がありました。今回の「老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱」「老舗工場で作られる 上品スチール工具箱」も、その際に見ることができました。

「フェリシモ」で販売中の「老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱」

「老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱」は、こちらの4つのカラーが販売されています。

こちらの品物は、1年半前に登場して以来人気が高く、最初は「珈琲ブラウン」1色だけだったものが、徐々にそのカラーを増やしていったのだそうです。

「昔ながらの」という言葉が似合うたたずまい

人気の高さは、やはりこのたたずまいでしょうか。1色だけのシンプルな配色、鋭角的なスタイル、スチールの質感など、その見た目は私の子どものころ、30年以上前にもあった工具箱のようです。

「フェリシモ」で販売中の「老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱」

持ち手の部分です。持ち手を降ろすと、両端の金具がその内側に入り、ペタンとフタにくっつく形になります。

持ち手や留め金、本体とフタをつなぐヒンジの部分も、「昔ながらの」という言葉が似合いそうです。細部に渡って、懐かしいような、使い古したような、独特の雰囲気を持った品物となっています。

「フェリシモ」で販売中の「老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱」

留め金の部分です。開ける際はそのまま留め金を引き上げ、閉めるときは上の金具を引っかけた上で留め金を降ろします。

老舗メーカーの職人芸による加工

こちらの工具箱は、大阪の老舗工具箱メーカー「東洋スチール」によって製造されています。箱の縁やヒンジの部分は、別の部品をあてがうのではなく、1枚の板金を折り曲げる職人芸で作られています

「フェリシモ」で販売中の「老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱」

ヒンジの部分です。中に軸を通しているのではなく、板金の端を加工して、ヒンジにしているのだそうです。

そのため、実は工具箱の表面をよく見ますと、少し波打った部分もあります。フェリシモのスタッフの話では、これは板金を加工する都合でどうしてもできてしまうものなので、ご了承いただきたいとのことでした。波打つといってもほんのわずかなので、実用性には問題ないと思います。

「フェリシモ」で販売中の「老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱」

工具箱を間近で見ますと、表面が少し波打っているのが分かりますが、実用上は問題ないでしょう。

ロゴや文字はできるだけ少なく

取っ手の下には「東洋スチール」のロゴが、そしてその周りには「TOOL BOX」や「MADE IN JAPAN」といった文字が入っています。また、ふたの部分にはラベルが貼れるようなくぼみがあります。ただ、それ以外、たとえば型番などの文字は入れられていません。

「フェリシモ」で販売中の「老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱」

工具箱を上から撮影しました。メーカーのロゴは、持ち手の下にあります。入れられた文字などは、それほどうるさくは感じないと思います。

フェリシモのスタッフの方の話では、実際の工具箱だと型番が入ったり、メーカーのロゴももっと目立つように入るのだそうです。しかし、こちらの品物では、文字やロゴはできるだけ入れないようにお願いしたとのことでした。

女性の方でも扱いやすい大きさ

工具箱の大きさは、販売ページのデータによりますと、幅が約28.5cm、奥行きが約14.5cm(底面)、そして、持ち手を含まない高さは約10cmとなっています。この大きさなら、女性の方でも十分扱いやすい大きさなのでは、と思います。

「フェリシモ」で販売中の「老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱」

工具箱の中です。仕切りなどは特に設けられていません。

実際の工具箱と比較しますと小さく、スチールも分厚くはありませんので、商品名に「工具箱」とあってもそのまま工具箱として使うのではなく、販売ページの写真にもありますように、裁縫道具や画材、シューケアグッズなど、小物を入れておく「道具箱」としての使い方が適しているでしょう

「フェリシモ」で販売中の「老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱」

工具箱の底面です。脚の部分も、凹ませて作られています。

1回だけお届けの「ジャストワン」の品物

「老舗工場で作られる 上品スチール工具箱」「老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱」は、各カラーとも2,916円(税込)となっています。

また、こちらは、1回の注文で1回だけのお届けとなります「ジャストワン」の品物です。「フェリシモ」で販売されている他の品物とは異なり、自動的にお届けが継続しないため、ストップの連絡は必要ありません

男女問わないカラーラインナップ

カラーは、「珈琲ブラウン」「レトロピンク」「青空ブルー」「ラベンダーパープル」の4つがあります。このラインナップなら、男女問わず選べる色があるのではないでしょうか。なお、カラー別に販売ページが分かれていますので、ご注意ください。

老舗工場で作られる 上品スチール工具箱」、そして「老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱」は、「フェリシモ」にて販売されています。


フェリシモ 老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱〈珈琲ブラウン〉


フェリシモ 老舗工場で作られる 上品スチール工具箱〈レトロピンク〉


フェリシモ 老舗工場で作られる レトロなスチール工具箱〈青空ブルー〉


フェリシモ 老舗工場で作られる上品スチール工具箱〈ラベンダーパープル〉

フェリシモ「コレクション」