Windows用「筆王」「筆まめ」、Mac用「宛名職人」

各種パソコンソフトを扱っています「ソースネクスト」の通販サイトにて、年賀状作成ソフトも購入できます。Windows用の「筆王」「筆まめ」、Mac用の「宛名職人」の各ダウンロード版、パッケージ版(DVD-ROM版)がラインナップされています。

年賀状作成ソフト – ソースネクスト icon

ダウンロード版なら、お店が遠くても、お店に行く時間がなくても、インターネットから購入し、すぐにインストールして使用できます。

ソースネクスト

3つのソフトの特長は

では、この3種類のソフトから、どのように選べば良いのでしょうか。先日、これらの年賀状ソフトについて、ソースネクストのスタッフの方から直接話をうかがう機会がありました。その時の話を元に短い文章で表せば、以下のようになります。

  • 筆王Ver.22
    • ファミリー向けのデザインが多い。ライセンスが5台。ガイドブック付き。
  • 筆まめVer.28
    • 格調高いデザインが多い。素材数や文例が多い。宛名面のデザインに凝れる。
  • 宛名職人Ver.24
    • Mac用操作性などを改善し、使いやすさを追求。

親しみやすい年賀状を作るなら「筆王」

ソースネクスト年賀状・はがき・住所録作成ソフト 筆王

Windowsで親しみやすい年賀状を作りたいとお考えでしたら「筆王」がおすすめです。「筆王」では、幅広い年齢の方に向けたデザインが比較的多くなっています。従来、女性層もターゲットにしていたこともあり、遊び心のある素材も多くなっています。30万点以上ある素材に加え、今回新着のものも2,000点以上あり、かわいいだけではない、シンプルモダンなものも含まれています。

写真の編集機能が充実

写真入りの年賀状を作るための機能が充実しているのも「筆王」の特長です。スマホアプリの「SNOW」のように、人の顔を自動認識して動物の耳などを付けたりする「おもしろ顔スタンプ」や、写真を飾るさまざまな形のフレームが用意されました「型抜き・フレーム」機能、そして写真の中の邪魔な物を自然な形で消したり、写りの良い部分を合成できたりする編集機能などが備わっています。

276ページのオールカラーガイドブックが付属

また、「筆王」では、276ページもありますオールカラーのガイドブックも付属しています。ダウンロード版だとPDFになりますので、紙のガイドブックのためにパッケージ版を選ぶのもよいのではと思います。

その他にも、動画での操作説明や、自動でのクラウドバックアップ機能、ラベル印刷や手描き風フォント作成ソフトなどの特典も付いています。

「筆王」は1本のソフトで5台までインストール可能です(同一家庭内)ので、家族が持つ別のパソコンで同時に使うこともできます。標準価格はダウンロード版、DVD-ROM版ともに3,980円(税抜)となっています。

ビジネス用もOKの格調高い年賀状が作れる「筆まめ」

筆まめ

一方、Windowsで“年賀状”らしい格調高いデザインのものを作りたい方なら、「筆まめ」がおすすめです。「筆まめVer.28」限定となります日本三大友禅や葛飾北斎の年賀状デザインも含め、ビジネス用としても申し分ない、風格のある素材が多数収録されています。

素材の総数は45万点以上、文例も2,700以上用意されており、その豊富さも特長の1つです。

宛名面もこだわりのデザインに

また、宛名面もより美しくデザインできます。「筆まめ」だけに収録されました美しい筆文字の「流麗行書体」や、宛名面にもイラストなどが入れられる「宛名デコ」機能で、年賀状の表面にもこだわることが可能です。

最短3ステップで美しい年賀状ができる

こうした美しいデザインの年賀状は、最短3ステップで作成できます。画面に従って「デザイン選択」「イラスト・文章の変更」「印刷」という3段階でデザインが完成します。

その他にも、表面・裏面がそれぞれ一画面に収められてわかりやすい「はじめてモード」、デザインのバリエーションを自動で数種類ラインナップしてくれる「年賀状デザインナビ」などで、「筆まめ」が初めての方にも安心して扱えるようになっています。

「筆まめ」の標準価格は、ダウンロード版が5,200円、DVD-ROM版が5,980円(ともに税抜)となっています。また、アップグレード・乗り換え専用版もあり、こちらはダウンロード版・DVD-ROM版ともに3,480円(税抜)です。なお、「筆まめ」は1本のソフトでインストール可能な台数は、1台のみです。

操作性を改善したMac用「宛名職人」

宛名職人 mac

「宛名職人」は1993年の発売以来、Mac用年賀状ソフトとして高い評価を得ているソフトです。今年のバージョンでは、100項目にわたって改善が行われました。

中でも、操作性に関しては大幅に改善されています。例えば、デザインをキーワードで検索できるようにしたり、アイテムの回転などの操作性を向上したりしています。また、住所録や印刷画面でも見直しが行われています。そして、iCloudとの連携機能も搭載されました。

素材数は15万点以上を収録。フォントもWindowsでよく見るものも含め151書体が用意されています。年賀状以外にも、名刺やラベル、カレンダーなどの作成機能もあります。

「宛名職人」の標準価格は、ダウンロード版・パッケージ版ともに7,980円(税抜)、アップグレード版のダウンロード版が6,980円(税抜)となっています。ソフト1本で同一家庭内の5台のパソコンにインストールできます。

すべての機能は販売ページにてチェック

以上、ソースネクストで購入できます年賀状作成ソフト3種類について、その特長をまとめてみました。もちろん、この記事で書いた機能がすべてではありませんので、興味のある方は販売ページもチェックしていただければと思います。

なお、メーカーの方から話をうかがった際に、「筆王」「筆まめ」のダウンロード版をいただくことができました。そこで、近日中に両ソフトの使用感を紹介できればと思っています。

年賀状作成ソフト – ソースネクスト icon

ネットで買いものを楽しもう 年末年始特集

「年末年始特集」(2017-2018年)バナー