国内最大規模のアナログゲームイベント

去る3月1日(日)に、「ゲームマーケット2015大阪」というイベントに行ってきました。「ゲームマーケット」とは、テーブルゲームやカードゲームなどのアナログゲームを扱ったイベントで、規模としては国内最大なのだそうです。

「ゲームマーケット2015大阪」の会場内

ゲームといえば、テレビゲーム機やパソコンで遊ぶのがほとんどの私ですが、昨年の秋にふとボードゲームやカードゲームのことをネットで調べてみたら少し興味が出てきました。そこで、調べた際に知った今回のイベントに行ってみることにしたのです。

ガッツリした戦略ものから知育ゲームまで

「ゲームマーケット2015大阪」の今回の会場は鶴見緑地にある「ハナミズキホール」で、入場料は1,000円でした。なお、小中学生や高校生は無料になっていました。

私が会場に入ったのは昼の1時半ごろでした。当日は雨でしたが、にぎわっていました。

会場ではさまざまなゲームが出展されていましたが、私が思っていたよりも幅広い内容で、見てまわるだけでもおもしろかったです。戦国時代や戦争が題材のガッツリした戦略ものといった、いかにもボードゲームというものももちろんありますが、短時間でじっくり楽しめるカードゲームや、すぐに盛り上がれそうなパーティーゲーム、子どもも楽しめる知育ゲームや、地域の伝統娯楽といったものなど、バラエティに富んでいました

ブースの多くでは試遊させてくれるスペースが

出店ブースの多くでは、そのブースのスタッフが自分のブースで扱っていますゲームを説明しつつ試遊させてくれる、イベントスペースが設置されていました。私も2つのブースで試遊させてもらいました。人が多くて時間が取れない中で、本当のルールよりも少し手短に遊ぶ形になるのですが、十分楽しませてもらいました。

家族連れや年配の方、外国人も

今回のイベントに来られている方は、やはり若い男性が中心ですが10代は少なく、20~30代が多い感じで、ガヤガヤしている中にも少し落ち着いた雰囲気も感じました。また、家族連れや年配の方、外国人もいて、私が想像していたよりも幅の広い層が来ているんだな、と思いました

1人でも遊べるゲームを買って帰る

「ゲームマーケット」は、東京では年2回、関西でも1年に1回開催されているのだそうです。直近では「ゲームマーケット2015春」が、5月5日(火・祝)に東京ビッグサイトで開催されます

さて、私はイベントが終了する夕方5時の少し前に会場を出ましたが、その前にゲームを2つほど買いました。1人用のカードゲームと、1人用のルールもあるボードゲームです。いや、まわりにこうしたゲームでいっしょに遊んでくれそうな人がいないので、とりあえず自分1人だけでもできるものを買ったのですよ。