確定申告の期限が近づいています

3月も間近になって、確定申告の期限が近づいていますが、まだ私はほとんど手をつけていません。やろうやろうと思っているうちに、もう2月も終わりになってしまいました。

私は2014年度から青色申告に切り替えていて、昨年の申告も青色で経験していますので、まったく初めてではありません。しかし、その経験を今年度に活かすことなくこの時期を迎えてしまいました。せめて月1回でも、こつこつ処理していればなあ

前回はいいペースメーカーがあったのですが

2014年度、つまり一昨年は、青色申告に切り替える申請をしたこともあってか、税務署からの案内で全4回の記帳指導を無料で受講できました。記帳指導は夏から冬にかけて開催されたので、これがいいペースメーカーになってくれました。一方、今回はそれがなかったため、今になるまで何もしなかったという状況になってしまいました。いや、自分が悪いのですけど。

いちおう、レシートや領収書などは1か所に集めていますので、あとはほぼデスクワークのみのはずです。以前から白色での確定申告は行っていますので、還付金の金額がバカにならないのはわかっています。四の五の言わず、やるのみです。

やはり確定申告用のパソコンソフトは便利

確定申告において、やはり確定申告用のパソコンソフトは便利です。実は、私が受講した記帳指導では、そのソフトがもらえました。1年間の期間限定ライセンスでしたが、使ってみてその良さを痛感しました。入力用の画面で数値などを入れることで、税務署に提出できる書類を自動で作成してくれるのは、パソコンのソフトだからこそだと思います。

私は前回無料で使ったソフトを、有料で更新しました。今年度の確定申告でもこのソフトを利用する予定です。

オンライン版の確定申告ソフトは、ブラウザーさえあれば利用できます

確定申告用のソフトはパッケージで、あるいはダウンロードで買うこともできますが、最近はインターネットブラウザーがあれば利用できる、オンライン版も増えています

オンライン版では、ソフトをインストールしたりバージョンアップする手間が不要です。また、IDとパスワードがあれば、普段使っていないパソコンからでも確定申告の作業ができます。(※古いパソコンでは、ブラウザーの対応状況に注意してください。)

「やよいの青色申告オンライン」にて1年間無料キャンペーンが実施中

確定申告ソフトで12年連続売上実績No.1(BCN調べ)の「弥生」でも、ブラウザーで利用できる「やよいの青色申告オンライン」があります。現在、「やよいの青色申告オンライン」では、すべての機能が初年度の1年間(最大14か月)、無料で使えるキャンペーンが実施されています。「すべて」となっていますので、データの入力から、税務署に提出する書類の印刷までが行えます。

キャンペーン利用後の解約は可能

無料キャンペーンでは、クレジットカードなどの決済情報を登録する必要があります。もちろん、その後の解約は可能です(自動延長となりますので、更新される前に解約手続きが必要です)。今回の青色申告で利用してみて、来年も使いたいと感じたら、1年間8,640円(税込、セルフプランの場合)で利用を継続することができます。

青色申告に使うパソコン用ソフトを探しているという方は、「やよいの青色申告オンライン」を一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

ガイド本や「白色申告オンライン」もあります

なお、「やよいの青色申告オンライン」のガイド本ともいえる本が、現在販売中です。実際の入力画面を使っての説明も多数ありますので、本屋でこちらをご覧になってみるのも良いのではと思います。価格は、500円(税別)です。

また、白色申告に対応した「やよいの白色申告オンライン」もあります。こちらも1年間の無料キャンペーンを実施中です。合わせて、ガイド本も販売されています。