当ブログではここ最近、母の日のプレゼントをいろいろ見てきました。今はいろんなプレゼントがありますが、やっぱり母の日は赤いカーネーションというイメージが、私には強いです。赤い色のカーネーションの花言葉は「母への愛」。だから、母の日には赤いカーネーションを贈りましょう。そういうふうに教えられてきたというか、周りがみんなそう言うから自分も思うようになったというか。ハッキリしたきっかけはぜんぜん思い出せませんが、「母の日」=「カーネーション」という刷り込みが、私の中にありますね。年代にもよるのでしょうか。

そこで、赤いカーネーションのプレゼントをいくつか探してみました。ネット上の画像のため、実物と色合いは多少違ってくるかも知れませんので、その点はご容赦ください。


【母の日ギフト】鉢植え「カーネーション グランルージュ(赤)」

まずは、イイハナ・ドットコムの『鉢植え「カーネーション グランルージュ」』です。今回紹介するプレゼントの中では、もっとも深い色合いです。物静かな、それでいて思慮深いお母さんに似合う赤ではないでしょうか。お母さんが注いでくれた愛情と同じくらいの濃さがある赤、と言うとお母さんからちょっとツッコまれそうです。鉢植えには、「ありがとう」と書かれたタグが付いています。

母の日花鉢「真っ赤なカーネーション」

続いて、BunBun!Beeの『母の日花鉢「真っ赤なカーネーション」』です。真っ赤といっても、少し軽やかな印象でしょうか。画像で比較する限りは、イイハナ・ドットコムの鉢植えよりも、かわいい感じがします。こちらは、いつも元気で明るいお母さんに似合うかもしれません。家族が集まる食卓の上に飾って、みんなで母の日を楽しむ雰囲気を作ってくれるのではと思います。


【日比谷花壇】【母の日】赤いカーネーションボックス「ありがとうの花」

花束では、ヒビヤカダンドットコムの『赤いカーネーションボックス「ありがとうの花」』です。大輪のカーネーション10本が花束になっています。本数は少ないですが、花が大きいのでボリュームがありそうです。母の日に直接お母さんに手渡しするなら、こういう花束でしょうか。真っ赤なカーネーションがまとまっていて、いかにも母の日らしい感じがします。

こうして赤のカーネーションを使ったプレゼントを見ると、「やっぱり『母の日』にはこれだなあ」という気がします。「母の日」らしさでいえば、見た目に柔らかい感じがするピンク系の色の方が、よりそれらしくも感じますが、一方で、あざやかな赤色は他のカラーにはない強いインパクトがあります。お母さんにストレートに感謝の気持ちを表すのなら、やはり真っ赤なカーネーションが一番なのかもしれません。

イイハナドットコム【母の日特集】

フラワーギフトのBunBun!Bee

母の日特集【日比谷花壇】


当サイトの特集【母の日2013】。母の日のプレゼントに関する記事や、取り上げましたショップサイトへのリンクをまとめています。