hibiyakadan.comの「バレンタインデー特集2017」

2月14日(火)のバレンタインデーは、世界的には「男女がお互いに愛や感謝を伝え合う日」という認識が強いのだそうです。そこで、チョコだけでなく花も一緒に贈って、日頃の感謝の気持ちを伝えてはいかがでしょうか。

日比谷花壇_バレンタイン特集

日比谷花壇が運営しますオンラインショッピング「hibiyakadan.com」にてオープンしています「バレンタインデー特集2017」では、そんな気持ちが伝わる花の贈りものが多数紹介されています。

手入れが簡単でプレゼントしやすいブーケ「グランデ・オレンジ」

その中の1つ、『そのまま飾れるブーケ「グランデ・オレンジ」』は、花の手入れが簡単で、手をわずらわすことがありませんので、女性・男性問わずプレゼントしやすい花束です。


【日比谷花壇】そのまま飾れるブーケ「グランデ・オレンジ」

こちらのブーケの底には、鮮度保持剤入りのエコゼリーが入ったカップがあります。このエコゼリーのおかげで、花に水を与える必要がありません。また、このカップが底にあることでブーケが自立しますので、花瓶を用意しなくてもそのまま飾っておくことができます

「グランデ・オレンジ」は、他のブーケよりも1回り大きくなっています(高さ約25cm、幅約22cm)。職場など広めの場所に置いても、映えるのではないでしょうか。価格は、5,400円(税込、送料無料)です。

赤い花とバレンタイン限定ゴディバのチョコレートのセット

「バレンタインは、やっぱりチョコもないとダメかな」とお考えでしたら、『ゴディバ バレンタイン限定「ビュッフェドゥガトーアソートメントのセット(レッド)」』はいかがでしょう。赤いスプレーバラやカーネーションなどのアレンジメントに、バレンタイン限定となりますゴディバのチョコレートがセットになった品物です。


【日比谷花壇】ゴディバ バレンタイン限定「ビュッフェドゥガトーアソートメントのセット(レッド)」

チョコレートのパッケージは、おとぎ話をイメージしたデザインになっています。中身は、2017年限定チョコレートと限定カレ、人気の定番チョコレートが合計4つ入っています。赤い花とともに、華やかなバレンタインデーにしてくれそうなセットです。価格は、5,400円(税込、送料別途648円)です。

もともとは花にメッセージカードを添えて贈っていた

「バレンタインデー特集2017」内にあります『バレンタインデーに花を贈ろう!「フラワーバレンタイン」icon』のページによりますと、バレンタインデーに贈りものをする習慣は、19世紀後半のイギリスで始まったといわれているそうです。当時は、赤いバラなどの花にメッセージカードを添えて贈ることが一般的で、その文化がやがて欧米やアジア諸国にまで広がっていった、とのことです。

花を贈って感謝の気持ちを伝えたり、みんなと楽しく過ごすのもよし

また、同じページに掲載されています統計データでは、日本の男性でバレンタインデーに花を贈った人はかなり少ないそうです。その一方、女性がバレンタインデーに欲しいギフトでは、スイーツやレストランに次いで、花の人気が高いという結果がでているそうです。

日本だとバレンタインデーは「女性が男性にチョコレートを渡す」という感覚が強すぎるのかもしれません。そうしたイメージにとらわれず、花を贈って感謝の気持ちを伝えたり、仲の良い者同士で和気あいあいと楽しく過ごすバレンタインデーも、いいのではないでしょうか。

バレンタインデー特集2017 – hibiyakadan.com icon

ネットで買いものを楽しもう バレンタインデー特集

「バレンタインデー特集」(2017年)バナー