「誠実な愛」を伝えるピンクのチューリップの花束

花言葉は「誠実な愛」というピンクのチューリップをブーケにしました『花束「ラブハート」』。ラッピングにもハートマークが施され、かわいい花束に仕上がっています。愛と感謝の気持ちを伝えるのにピッタリな品物です。


【日比谷花壇】花束「ラブハート」

こちらの品物にはオプションとして、無料で「愛妻家宣言証」が付けられます。日比谷花壇が運営しますオンラインショッピング「hibiyakadan.com」の「愛妻の日特集」にて購入できます。価格は、5,400円(税込)です。

愛妻の日特集 – hibiyakadan.com icon

英語のI(アイ)と31(サイ)にかけた記念日

愛妻の日」とは「日本愛妻家協会」が提唱しています記念日で、毎年1月31日をその日としています。これは、英語のI(アイ)と31(サイ)にかけているのだそうです。

日比谷花壇でも「奥様に日頃の感謝を届けるお手伝いを」とのことで、「愛妻の日特集」のページが設けられています。

12輪のバラを詰めたコンパクトなアレンジメント

「愛妻家宣言証」が付けられる品物としてもう1つ、『プリザーブドアレンジメント「ダズンフラワーハート」』が販売されています。こちらはピンクや赤の12輪のバラを、クラシカルな花器に詰めたアレンジメントです。


【日比谷花壇】プリザーブドアレンジメント「ダズンフラワーハート」

こちらの大きさは、直径が約12cm、奥行きが約9cmとコンパクトなサイズになっていますので、置き場所を選ばないと思います。価格は、4,860円(税込)です。

無料で「愛妻家宣言証」が付けられる

上記の2つの品物に付けられます無料のオプション「愛妻家宣言証」には、「私は妻というもっとも身近な存在を大切にする愛妻家です」という宣言が入っています。また、「奥様の誕生日」「結婚記念日」などの大切名記念日を書き込む欄もあります。

それだけではなく、こちらの愛妻家宣言証を日比谷花壇の店頭で提示しますと、10%の割引が受けられます。愛妻家宣言証は台紙から取り外すと持ち歩きやすい名刺サイズになりますので、お得なクーポン代わりにもなります。

なお、愛妻家宣言証のオプションは、1月28日(月)までとなっています。

1月28日までの注文で愛妻の日に間に合う

hibiyakadan.comの「愛妻の日特集」におけます注文締切は、1月28日(月)夜11時59分です。こちらの日時までに注文しますと、愛妻の日当日の1月31日(木)に間に合います。

お支払い方法は、クレジットカードの他に、後払い(コンビニ・銀行・郵便局)、Amazon Payが利用できます。

配送料は、品物1点につき全国一律で1,080円(税込)です。配送先が同じでも、1点ごとの配送料となります。

お届け日の指定は、注文受付後、通常3日後以降が可能となっています。

この他にもプレゼントにおすすめの品を多数ラインナップ

「愛妻の日特集」のページではこの他にも、奥様に贈るのにおすすめの花のプレゼントが多数ラインナップされています。「愛妻家宣言証」は付きませんが、メッセージカードをオプションに選ぶことができますので、そちらに感謝の言葉を添えて、花と一緒に贈るのもいいのではないでしょうか。

今の時期、奥様へのプレゼントをお考えでしたら、日比谷花壇が運営しますオンラインショッピング「hibiyakadan.com」にオープンしています、「愛妻の日特集」のページをチェックしてみてください。

愛妻の日特集 – hibiyakadan.com icon

花を贈るなら日比谷花壇