昨日、17日(水)の夜、仕事の帰りに、「H&M」心斎橋店に寄ってみました心斎橋店は先週の13日(土)にオープンしたばかりの店舗です。H&Mは既に戎橋店が2010年にオープンしていますが、なぜか行ったことがなかったので、店舗は別ですがこの機会に入ってみることにしました。ここはかつて心斎橋パルコが2011年9月までありました。パルコに入っていたロフト心斎橋店にはちょくちょく行ってましたね。建物自体は改装ではなく、建て替えられたようです。

H&M心斎橋店

店内は地下1階から地上4階までで、フロア構成は、1階から3階まではレディース4階がキッズ、そして地下1階がメンズとなっていました。今回は男1人で行ったので地下へ。フロア当たりの広さは、狭すぎず広すぎずという印象です。週半ばの水曜日、午後8時ごろに行ったこともあって混雑はしていませんでしたが、それでも試着室やレジで数人がしばらく待っていたりするなど、平日にしては人が多いかなという印象でした。

せっかく来たんだし、私も何か買おうかと思い、試着室で4,000円ほどのジーンズを1つ着てみたところ、なかなかの履き心地でした。しかし、フロントがファスナーではなくて、ボタン仕様なのが気になりました。私は今まで、ボタン式のジーンズをはいたことがなかったのです。試しに、トイレの時のような感じでボタンを開けてみましたが、慣れないためにかなり手間取ってしまいました。よって、今回は見送り。他のジーンズを見てもボタンだったので、H&Mのジーンズはすべてホタン仕様なのでしょうか。ボタンも慣れたら、スッとできそうな気はするんですが、結局、何も買わずに店を出ました。

ちなみにジーンズの裾上げについて店員さんに聞いたところ、当店ではやっていないと言われました。その代わり、商品の直しに関しては、心斎橋OPAにある「彩縫館(さいほうかん)」というお店などで、20%オフでやってもらえるとのことです。店員さんからは、地図などが入った名刺サイズの案内をもらえました。当たり前ですが、直しの際は、レシートと商品が必要です。

心斎橋筋商店街の北端

それにしても、心斎橋筋商店街の北の端にあたるこの周辺は、「ファストファッション」の店がギュッと集まっています。このH&M心斎橋店の向かいには「ユニクロ」の心斎橋店がありますし、ほんの少し離れたところには「ZARA」の大阪心斎橋筋店もあります。こうして1枚の写真に3店舗を収めるのも簡単なくらいに近いです。さらに、ミナミだと、戎橋の南側で20日(土)に「FOREVER21」がオープンする予定です。また、H&Mだと、今月18日(木)に神戸ハーバーランドウミエ店、19日(金)に梅田店がオープンします。おそらくは各店ともゴールデンウィークを見越して、今の時期のオープンラッシュになっているとは思いますが、こうしたファストファッションの勢いを目に見える形で感じます。

ちょっと余談です。「ファストファッション」という言葉は「ファストフード」みたいだと思いましたが、実際にそれになぞらえた造語だそうです。用語解説サイト「コトバンク」の説明によると、「流行を取り入れつつ低価格に抑えた衣料品を、大量生産し、短いサイクルで販売するブランドやその業態のこと」とあります。ファッションに詳しくない私にとっては、あまり予算をかけずにセンスの良い服を買えるので、ありがたいお店です。